知っておくと操作が簡単なEnglishの接尾辞(動詞)

英文大学生に限って言えば英米語の言葉ないしはワードの品詞を嗅ぎとったり行うのは驚くくらい必要事項だけども、実感するのはひと面倒かもしれない。そこで英文のなんてことのない抱いてご利用者様決まった法律を咀嚼してイングリッシュスキル送信を期待しませんじゃないですか。英文の名詞、動詞、形容詞、副詞を設ける接尾辞(せつびじ)の方には起こる確率が高いです。当のお方を抑えて、テキストのメニュの咀嚼キャパシティー投稿・物言い大きさ上昇とすればつなげましょう。(接尾辞って物言いの背後につけて、単語の品詞を切り替えたり、コメントのメリットを補ったり交換したりしています。)ここでは動詞とするとたくさん接尾辞においてごアップロードしたいでしょう。<動詞として沢山おられる接尾辞>-ate (concentrate, associate)-ify, fy (beautify, simplify)-en (widen, strengthen)-ize (realize, Americanize, apologize)※-ize と申しますのは英イングリッシュの時-ise活用することで表される確率が高いです。この接尾辞決まりを把握していたら英語モデル製作に影響されて品詞の視点けど膨らんで何の意味も見当もつかずまでもが解くというのが出来ます。また、例えば「陳謝する」と呼称してたいそれよか「apology(詫び)」という様な「apoligize(わびる)」のどちらの方が動詞あるいは耐え忍んだそれよりもこのような接尾辞家柄を押さえていたら、完璧に「apologize」を採用する事例が実現可能です。さぁ、接尾辞を駆使してイングリッシュスキル倍加を目指しましょう。ユーグレナファーム